モンテノッテ戦役 03 Montenotte campaign 03

モンテノッテ戦役

勢力 戦力 損害
フランス共和国 37,775人 約6,000人
オーストリア
サルディーニャ王国
約57,500人 約10,000人~約12,000人

ボーリューの作戦Beaulieu's Strategy

 ボーリューはオーストリア政府からの情報を重視し、ピエモンテ軍と連携した作戦ではなく、オーストリア軍のみでフランス軍を攻撃する作戦を考えていた。

 ボーリューがヴォルトリを攻撃し、アルジャントーがモンテノッテ・インフェリオーレを通りサヴォナを攻撃する2ヵ所同時攻撃作戦である。

 もしこの作戦が成功した場合、オーストリア軍は再びサヴォナを手中に収めることができ、イギリス海軍と協力してフランス軍の交易航路を妨害することができるようになるのである。ピエモンテがフランスと和平を結んだ場合でも、オーストリア軍の防衛戦略を確立できる作戦でもあった。

 ボーリューがヴォルトリを占領した後の行動だが、アルジャントーの成否によって行動を変化させたのではないだろうか。アルジャントーが成功しサヴォナを占領できた場合、ボーリュー自身はサヴォナから海岸沿いに南下しフランス軍を追跡し、ピエモンテ軍にチェバから南下を指示、アルジャントーにアルターレからサン・ジャコモを経由しメローニョやフィナーレ方面を攻撃させたと考えられる。

 アルジャントーが足止めを受けていた場合、ボーリューはサヴォナへ進軍し、フランス軍の後方へ攻撃したと考えられる。

 アルジャントーが敗北した場合、ボーリューはヴォルトリに占領部隊を残し、アックイへ後退。ミオーリア、サッセッロを経由しアルジャントーと合流するだろうと考えられる。ただ、ヴォルトリからアックイ、ミオーリア、サッセッロへは長い道のりであり時間がかかるので、敗北は考えていなかったのではないだろうか。

 ボーリュー視点だと、ピエモンテはオーストリアと敵対まではしないまでもフランスと和平を結ぶ可能性があり、尚且つフランス軍は大部隊をヴォルトリへ進めた。これらの情報から、ピエモンテとの和平交渉は進んでおり、そのためフランス軍はヴォルトリまで進軍しジェノヴァを占領しようとしているのではないかと考えたのだろうと思われる。

ナポレオンの作戦Napoleon's Strategy

 ナポレオンは侵攻作戦を考えていた。イタリア方面軍の兵力と現状から、ピエモンテ軍とオーストリア軍の分断を考えていたのである。作戦を立案した時点では、ピエモンテ軍の前線基地は分かっているものの、オーストリア軍主力の正確な位置は不明であった。

 しかし、ピエモンテ軍とオーストリア軍を同時に相手にすることは敗北を意味しており、フランス軍の取るべき作戦はピエモンテ軍とオーストリア軍の分断しかなかった。

 ピエモンテ軍とオーストリア軍の接点はカルカレである。カルカレは北はデゴからアックイへ道がつながっており、デゴを東に進むとミオーリアやサッセッロにつながっているのである。そして、カルカレを西に進むとミレッシモやチェバ、モンドヴィへつながっている。カルカレを占領することができれば、ピエモンテ軍とオーストリア軍はお互いの現状を知らせ合うことができなくなるのである。

 ナポレオンはカルカレ攻略を主軸に置いた作戦を実行に移すことを考えていた。

第一段階・・・マッセナ麾下のラハープ師団(11,075人)とメニエル師団(5,428人)はモンテ・ネジーノ、カディボナからアルターレ、モンテノッテ・インフェリオーレ、カルカレを攻略。オージュロー師団(7,908人)はフィナーレからサン・ジャコモ、マレーレを経由しカルカレを攻略、セリュリエ師団(6,538人)はオルメアから北上してピエモンテ軍の注意を引き付ける。マッカード(3,690人)、ガルニエ師団(3,136人)はタンド峠周辺で示威行動をとる。

第二段階・・・オーストリア軍の動向を警戒しつつ、デゴを占領しオーストリア軍とピエモンテ軍の連絡線を完全に遮断し、ピエモンテ軍にフランス軍の主力を向ける。

第三段階・・・カルカレから西進し、兵力差を生かしつつコッリを追いつめ、モンドヴィを占領。ピエモンテの肥沃な平野を手中に収める。


 この作戦は合理的であり考え得る中でフランス軍が生き延びる唯一と言っていい計画であった。しかしピエモンテ、オーストリア軍の動向にひどく左右される作戦でもあった。もしボーリューがコッリの作戦を採用していたとしたら、フランス軍はすり潰されていただろう。